社長の独り言


by zvz1o9rbyy

<   2010年 01月 ( 20 )   > この月の画像一覧

 千葉県警木更津署の楠見和彦・前刑事第1課長(警部)(42)(千葉県木更津市潮見)が茨城県神栖市のリサイクルショップで万引きした事件で、土浦区検は28日、楠見前課長を窃盗罪で土浦簡裁に略式起訴した。

 同簡裁は同日、罰金30万円の略式命令を出し、即日納付された。

 発表によると、楠見前課長は1月17日午前11時20分頃、神栖市のリサイクルショップで、プラスチック製の美少女フィギュア1体(税込み価格6552円)を万引きした。

 木更津署によると、楠見前課長は事件後、同署付となっている。

<幻の大豆>「借金なし」秩父で復活(毎日新聞)
進次郎氏「分からないは、ぶれない」鳩山首相をチクリ(スポーツ報知)
谷垣総裁「疑惑追及し解散迫る」=政権奪還へ結束訴え−自民党大会(時事通信)
工事の前払い金制度悪用 詐欺で2被告に実刑判決(産経新聞)
遣唐使船 再現し上海万博へ…角川文化振興財団が計画(毎日新聞)
[PR]
by zvz1o9rbyy | 2010-01-30 13:32
 病院が適切な治療を怠ったため長男(当時3歳)が手術後に低酸素脳症になり5年後に死亡したとして、三重県松阪市の父親(36)らが、三重大医学部付属病院を当時運営していた国を相手取り、長男が生きていれば稼いだであろう収入や慰謝料計約1億2600万円を支払うよう求めた訴訟の判決が28日、津地裁であった。堀内照美裁判長は、約6000万円を支払うよう国に命じた。

 堀内裁判長は「医師の注意義務違反による酸素供給の低下が低酸素脳症を招いた」と指摘。その後遺症による肺炎を併発し5年後に死亡したことについての因果関係も認めた。

 長男は1997年3月、同病院で、大動脈が食道や気管を取り囲んで圧迫する疾患「血管輪」と診断され、99年9月に手術を受けた。術後、脳に障害が残る低酸素脳症に陥り、四肢が動かない寝たきりの状態になった。2004年5月には肺炎を併発し、死亡した。

 父親らは、手術で人工呼吸器を気管に入れるのに手間取ったため低酸素血症になり、さらに採血したことで脳への酸素運搬能力を低下させたと病院側の過失を主張していた。

 国側は「医師の医療行為に過失はなかった」と反論していた。【福泉亮、大野友嘉子】

【関連ニュース】
中日応援禁止:球場締め出しは無効 名古屋地裁判決
いじめ訴訟:病気との因果関係認める 最高裁が差し戻し
在韓被爆者訴訟:長崎地裁で和解 1次原告127人
広島・いじめ訴訟:いじめで病気、賠償を増額へ−−最高裁差し戻し

猪口氏ら7人、自民追加公認(産経新聞)
年金記録でアンケート=旧社保庁職員が回答−厚労省(時事通信)
クジラ肉お買い得 キタの百貨店(産経新聞)
機動隊員が自殺未遂=上司が暴行、パワハラも−九州管区(時事通信)
占い、マッサージ…献血PRへ多彩なサービス (産経新聞)
[PR]
by zvz1o9rbyy | 2010-01-29 00:58
 「安くなったらいいな」と思いながら、「値切ったら店員さんに悪い」「他店も見たけれど、ここが一番安いから値切れないだろう」とあきらめてしまうことはないだろうか。しかし、「値切りは良い消費者へのご褒美」と値切りを推奨するのが“国際値切リスト”の肩書も持つ流通ジャーナリスト、金子哲雄さん(38)だ。「紳士的で、販売店も客も喜ぶ値切り」を掲げる金子さんが特に薦めるのが「暦のズレ買い」と「フロアまたぎ」。値切りのコツを教わり、金子さんと家電量販店で「値切り術」を実践してみた。(道丸摩耶)

 ◆タイミングをずらす

 「ものには売るタイミングがある。五輪やサッカーW杯など大イベントの前は、テレビの値段は下がりにくい。でも、イベント後は在庫処理のため下がります」(金子さん)

 こうしたタイミングを見計らって買うのが「暦のズレ買い」だ。車を買うなら決算期前がおすすめ。販売ノルマを達成するため、通常より割引される可能性が高いからだ。3月決算の会社なら、新車登録にかかる期間を引いて、3月中旬ごろが底値とみられる。

 「閑散期なら安い」と思いがちな旅行だが、万博などの大型イベントを開催していると高くなることも。「12月に東北新幹線が延伸予定の青森は、飛行機との競争が激化して安くなるでしょう」(同)と、あらゆる情報から“底値”のヒントを探すのが金子流だ。

 とはいえ、「どうしても今欲しい」ものもある。そうしたケースに有効なのが、大型量販店でフロアを行き来しながら複数商品をまとめ買いする「フロアまたぎ」だ。「会計が合算されるから、値切りが難しい商品も一緒に買った商品の割引の恩恵を受けられる」と金子さんは太鼓判を押す。

 ◆コンシェルジェ活用

 この2つの実践で、本当に安くなるのだろうか。以前から欲しかったパソコンと暖房器具を購入するため、「コンシェルジェサービスがすばらしい」と金子さん絶賛のヨドバシカメラ新宿西口店に向かった。

 「コンシェルジェ」とは家電などをまとめ買いする客専用の販売員。商品の説明や相談に応じるだけでなく、複数商品の配送や支払いを一括にでき、たまったポイントをその場で使い実質的な“割引”もしてくれる。

 早速、暖房器具が置いてあるフロアに向かう。「年が明けたから安いですね」と金子さん。暖房器具は年末までが高いといい、いきなりの「暦のズレ買い」を実感できた。

 フロアをまたぎ、家族に頼まれた家電も購入。一部を配送にするなど対応もきめ細やかで、気分はすっかり「VIP」だ。気になる会計だが、ポイント利用で総額は店頭価格より15%近く割引されていた。

 「厳しい価格競争をしている店員さんをねぎらいながら、ちょっと助けてもらうのが値切りです」と金子さん。「もうちょっとまけて」の一言が言えない人でも、買うタイミングを工夫するだけで、お得な買い物ができるようだ。

センター試験、大雪で北大など1時間繰り下げ(読売新聞)
ハイチに自衛官派遣(時事通信)
<地震>北海道広尾町で震度2 午前1時26分ごろ(毎日新聞)
小沢氏関係の団体、不明朗な出入り15億円(読売新聞)
市有地の無償提供は違憲=神社敷地で使用−最高裁(時事通信)
[PR]
by zvz1o9rbyy | 2010-01-26 04:40
 木村純賢さん73歳(きむら・すみかた=元三菱製紙副社長)9日、舌がんのため死去。葬儀は近親者で済ませた。喪主は妻寿栄(としえ)さん。

「無実」を聞いてもらいたい…菅家さん会見(読売新聞)
ライフル弾は「実弾」=小沢幹事長事務所への送付−警視庁(時事通信)
巨人加治前選手、野球用具盗まれる=駐車中の車から−神奈川(時事通信)
大雪で北海道の8会場で試験繰り下げ センター試験(産経新聞)
首相、週末は地方視察(時事通信)
[PR]
by zvz1o9rbyy | 2010-01-25 10:20
 東京・銀座にある老舗ビルを転売しながら、売却益を申告せず、法人税約8億円を免れたとして、東京地検特捜部は20日、不動産会社「湊開発」(東京都港区)の実質的経営者で韓国籍の中村富夫(60)=本名・張富夫、同社代表取締役の坂元秀之(53)両容疑者を法人税法違反(脱税)容疑で逮捕した。

 逮捕容疑は、架空経費を計上するなどして湊開発の05年12月期の所得約26億7700万円を隠し、法人税約8億200万円を免れたとしている。

 関係者によると、湊開発は99年10月に銀座5丁目のテナントビル「秀吉ビル」(地上5階、地下1階)を買収。テナントらが退去した後の05年7月に渋谷区の不動産会社に転売し、多額の売却益を得ていた。

 特捜部は昨年10月、東京国税局と合同で関係先を家宅捜索していた。

 秀吉ビルは48年に建設。画廊やドイツ料理店が入居する近代建築として有名だったが、07年に取り壊され、現在は別のテナントビルが建設されている。

【関連ニュース】
無料低額宿泊所:FIS幹部3人を在宅起訴へ 脱税で
梁山泊:脱税容疑で3人逮捕 大阪地検
脱税指南容疑:「借りたカネは返すな!」の社長ら逮捕
脱税低額宿泊所:入所者、月1〜4万円で調理・事務担当
無料低額宿泊所:実質運営者ら脱税容疑 5億円の所得隠す

おじいちゃん、おばあちゃんの孫への援助は年間75万円(産経新聞)
<NTTドコモ>東京などで通信障害  (毎日新聞)
平沼氏、保守勢力の結集にも意気込み(産経新聞)
「日本人は太っていなくても糖尿病になりやすい」認知度は4割未満(医療介護CBニュース)
小沢氏が首相と対応協議(時事通信)
[PR]
by zvz1o9rbyy | 2010-01-23 16:19
by zvz1o9rbyy | 2010-01-22 22:52
 経済界などでつくる実行委が主催する「関西元気文化圏賞」の贈呈式が18日、大阪市内で行われ、昨年夏に同市中之島を中心に実施された「水都大阪2009」が大賞に選ばれた。

 関西元気文化圏賞は、関西から日本を明るく元気にした個人・団体を表彰しており、今年で7回目。

 特別賞には興福寺「国宝阿修羅像」が選ばれたほか、ニューパワー賞には、サントリーホールディングス植物科学研究所(大阪市)▽NPO法人「KOBE鉄人PROJECT」(神戸市)▽阪神なんば線(阪神電気鉄道、大阪市)▽三重県立相可高校食物調理科が選ばれた。

「説明で納得」「何考えてる」=小沢氏対決姿勢に民主党員ら(時事通信)
<阪神大震災>09年の孤独死62人(毎日新聞)
<心臓手術>大動脈のつなぎ直し手術成功 岩手医大が国内初(毎日新聞)
障害者向け小規模多機能の生活介護を全国展開へ(医療介護CBニュース)
<交流協定>米ハリケーン被災地と神戸市の住民が結ぶ(毎日新聞)
[PR]
by zvz1o9rbyy | 2010-01-22 01:35
【衝撃事件の核心】

 兵庫県姫路市で小学1年の女児の腹を殴って重傷を負わせた男が傷害容疑で兵庫県警に逮捕、起訴された。県警の調べに対して、男は「女の子の痛がる顔を見ると性的に興奮する」などと供述したとされる。姫路市や隣接する太子町では昨年9月以降、女児が殴られる事件が十数件発生しており、幼い子供を狙った悪質な犯行に地域住民は不安を募らせていた。身勝手で卑劣な犯行に周辺住民の怒りは収まることはない。(高瀬真由子)

  ■グラフで見る 女児受難…非出会い系サイトでも被害急増

 ■白昼、突然の犯行

姫路市網干区興浜の閑静な住宅街。捜査関係者によると、昨年9月19日、午後0時半ごろ、小学1年の女児(6)は自宅前で友達と虫取りをして遊んでいた。その日朝から自転車で女の子を物色していた男は、女児が1人になったときを見計らって突然腕をつかんだ。

 いやがる女児に対し、男は強引に腕をつかんで人気のない道に引きずっていった。男は手をふりほどいて逃げる女児を約50メートル追いかけ、腹部を素手で2発殴り、自転車で逃走した。

 自宅に帰った女児は、母親に「おなかを殴られた」と泣きながら訴えた。顔も唇も青ざめていたため、母親はすぐに救急車を呼んだ。女児は、肝臓から出血する重傷を負い、約2週間入院。その後も通院を続け、激しい運動もできずに体育の授業は見学、自転車に乗ることも控え気味という。母親は「ずっと落ち着かない状態が続いた。男の子がパンチする様子を見ると泣き出していた」と打ち明ける。

 昨年10月6日には、この現場から北約5キロの太子町矢田部の路上で、近くの小学3年の女児が後ろから歩いて近づいてきた男に素手で腹を殴られる事件が発生。同14日には、同町糸井の路上で小学4年の女児が、前から来た男にすれ違いざまに棒のようなもので腹を突かれる事件が起きた。

 ■周辺住民の怒りと不安

 女児ばかりを狙った悪質な犯行に、周辺住民は怒りと不安を募らせた。小1女児が通っている小学校では集団下校が行われ、担任が自宅付近まで送っていくなどの対策を続けた。

 地域住民も動いた。市立網干中学校のPTA会長で同校区地域愛護育成会会長の早水秀隆さんは周辺の小、中、高校の教員や保護者と協力し、事件が発生した場合に備えた連絡網を作成。最初に事件が起こった9月19日が土曜だったため、状況が学校や地域に伝わりにくく臨時連絡網の必要性を感じたからだという。

 連絡網によって不審者が発生した場合、警察から各校長やPTA会長、自治会長らに速やかに情報が伝わるようになった。早水さんは「幼い子供が重傷を負い、ただごとではないと思った。事件が解決するまで、自分たちも動かなければいけないと思った」と振り返る。

 捜査に当たった県警網干署は不審者の情報があるたびに捜査員を動員し、犯人逮捕に全力を挙げた。網干署と太子町を管轄するたつの署、姫路市や太子町の自治体などとともに対策会議を開催。児童らの見守り活動の強化とともに、犯人逮捕につながる情報の提供を呼びかけた。

 目撃情報などから1人の男が捜査線に浮上したのは昨年10月中旬。同県加古川市平岡町、無職、勝田州彦(くにひこ)被告(31)だった。

 目撃情報と容姿などが酷似しているうえ、現場近くの姫路市内のショッピングセンターに現金輸送車の警備員として出入りしていた経験があり、周辺の土地カンもあった。

 ■自宅からSMのアニメビデオ

 「絶対に逮捕する」と、県警捜査1課の捜査員や網干署員、たつの署員は連日、勝田被告の行動確認を続けた。勝田被告の犯行でほぼ間違いないとみていたが、有力な証拠がなく、約1カ月経過しても逮捕できずにいた。周辺住民の不安の声は日増しに強まっており「事件の発生待ちになってもいけない」と、任意で事情を聴くことを決めた。

 昨年12月6日午前7時半、勝田被告の自宅に捜査員が出向いた。

 「女児が殴られている事件がある。任意で事情を聴かせてくれ」という捜査員の要請に勝田被告はあっさりと応じた。その後、調べに対して「間違いありません。自分がやりました」と、素直に容疑を認めたため、網干署などが傷害容疑で逮捕した。

 逮捕を受け、周辺住民は安堵(あんど)したものの、怒りは収まらなかった。小1女児の母親は「どうしてこんなひどいことができるのか考えられない。本当に許せない」と憤った。

 動機について、勝田被告は「女の子が痛がる顔が見たかった。痛がる顔を見ると、性的興奮が得られる」などと供述し、自宅からは女児が登場するSMのアニメビデオなどが見つかったとされる。父親は警察官OBで、母親も元警察職員だったという勝田被告。専門学校で英語を勉強した後、米国に短期留学したこともあったという。

 PTA会長の早水さんは「ずっと緊張していたのでひと安心したが、いつ同じような事件がまた起きるか分からない。今回の事件の教訓を生かして対策は続けたい」と強調している。

【関連記事:衝撃事件の核心】
東京・新宿の真冬の怪 排水溝から男性遺体見つかるも… 「におわない」事件性
ナイジェリア人が“ネック”の仰天理由は…六本木が環境浄化に本腰
個人情報は漏れている!? “思い出”悪用の卑劣手口 有名高卒業生宅狙う振り込め詐欺 
八王子スーパー殺人 時効まで7カ月、浮かんでは薄れ…消える「点」
時効間近 警察庁長官銃撃事件で浮かんだ「容疑者」の真贋

<寛仁さま>宮内庁病院から転院(毎日新聞)
<交流協定>米ハリケーン被災地と神戸市の住民が結ぶ(毎日新聞)
<盗撮>郵便局長を逮捕 電車でスカート内撮影の疑い(毎日新聞)
<人事>内閣法制局長官 後任に梶田氏(毎日新聞)
<名護市長選>新人、現職の争いに 普天間争点、与野党対決(毎日新聞)
[PR]
by zvz1o9rbyy | 2010-01-21 08:51
 東京地検特捜部が小沢一郎民主党幹事長の元秘書の石川知裕衆院議員を逮捕したことについて、自民党の田野瀬良太郎総務会長は「カネまみれの金権体質で、かつての自民党を見ているようだ。小沢氏の問題そのものだ」と指摘。浜田靖一国対筆頭副委員長は「責任の根本にある小沢氏の責任が問われる」と強調した。同党内からは、「間違いなく小沢氏もかかわっているはずだ」(若手)と、徹底捜査への期待感が高まっている。
 公明党の斉藤鉄夫政調会長は取材に「小沢氏が説明責任を果たされていない結果だ。わが党なら即除名で、少なくとも議員辞職だ。民主党には自浄能力を求めていく」と語った。 

【関連ニュース】
「大政翼賛会」は続かない〜民主・渡部元衆院副議長インタビュー〜
「小沢独裁」は作られた虚像〜民主・輿石参院会長〜
労組への配慮で公務員制度改革「封印」の危機
民主党と財務省の「一体化度」を検証する
「普天間」「習近平」「献金」で囁かれる「鳩山政権短命説」

外国人参政権 小沢氏 強力に推進に動く(産経新聞)
山口の製菓会社でCO中毒?4人倒れる(読売新聞)
都心で初雪観測=気象庁(時事通信)
介護疲れで母親殺害、51歳男を逮捕…神戸(読売新聞)
FEALAC外相級会合、東京宣言採択し閉幕(産経新聞)
[PR]
by zvz1o9rbyy | 2010-01-20 10:44
 大阪市の国道で自転車に乗った女性をひき死亡させ、逃走したとして、大阪府警交通捜査課と淀川署は11日、自動車運転過失致死と道交法違反(ひき逃げ)の疑いで、住所不定、無職佐藤英二容疑者(41)を逮捕した。
 同署によると、容疑を認め、「覚せい剤を打っていたため怖くなった」と話しているという。
 逮捕容疑は8日午後8時45分ごろ、同市淀川区新北野の国道を軽乗用車で走行中、自転車に乗っていた同区塚本の主婦片岡純子さん(44)をはねて死亡させ、逃走した疑い。 

<都営大江戸線>男性が電車にはねられ死亡 西新宿五丁目駅(毎日新聞)
2010年「一番福」は大体大のスプリンター(スポーツ報知)
挑発すり男逮捕…「俺はやらないよ」と当日電話(スポーツ報知)
杉浦容疑者、口論になると「鉄砲で撃ったろか」(読売新聞)
小沢幹事長、全国地方代議員会議に出席(産経新聞)
[PR]
by zvz1o9rbyy | 2010-01-18 16:45